×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

全分子フコイダンエキス がん細胞抑制成分配合 驚きのクチコミ情報

全分子フコイダンエキス がん細胞抑制成分配合 驚きのクチコミについて

全分子フコイダンエキス がん細胞抑制成分配合 驚きのクチコミについての
情報について調べています。

全分子フコイダンエキスは、癌学会で有用性を発表【p53誘導体DBグルコース】配合した唯一のフコイダン製品です!

全分子フコイダンエキスの原料には、厳寒のカナダの海で鍛え上げられたヒバマタ海藻と、雄大な自然に育まれた沖縄モズクを採用しています。

p53誘導体とは、がん補完医療の研究により開発することができた、がん補完医療の複合体成分です。



全分子フコイダンエキスは、こんな方に服用して頂きたいです

  • がんの宣告をされ、現在治療中の方
  • がん治療を終え、経過観察中の方
  • 身内や友人にがん患者さんがいて、治癒力を助ける商品をお探しの方


がん補完医療への研究は、1992年の現シンゲンメディカル札幌医薬研究所 所長 高橋延昭による 癌幹細胞「H-ras癌遺伝子 W14」に対するフコイダンの作用解明と学会への発表からスタートしました。

その後14年にもわたる様々な研究を経てようやく2006年にはじめてフコイダン成分の製品化に成功、 現在の「p53誘導体 全分子フコイダン」の抽出法を確立するに至りました。

現在、がんでお悩みの方の一助となれれば。そんな純粋な思いから「全分子フコイダンエキス」は誕生しました。


5

全分子フコイダンエキスの効果は体験者の声で証明!(利用者の体験談はコチラ)
現在、がんでお悩みの方の一助となれれば。そんな純粋な思いから「全分子フコイダンエキス」は誕生しました。
全分子フコイダンエキスは、段階を問わず実感報告あり!
全分子フコイダンエキスの特長、摂取の方法、成分はコチラ

このページでは全分子フコイダンエキス 効果について、 公式サイト以外に、ネット、雑誌、ブログ、テレビ、チラシなど様々な視点から独自に調べた情報を公正分析して掲載していきます。

このページのtopに戻る

全分子フコイダンエキス がん細胞抑制成分配合 驚きの販売サイトへ

全分子フコイダンエキスの特長

全分子フコイダンは補完医療の可能性を追求するp53誘導体の、最も重要な構成要素の一つです。
p53誘導体 全分子フコイダンとは、ヒバマタ海藻など褐藻類の海藻からごく微量に抽出できるフコイダンの一種で、 シンゲンメディカルが独自の製法で抽出に成功した成分です。

6


【全ての分子特性を兼ね備えたp53誘導体 全分子フコイダン】
褐藻類から抽出したフコイダンの本来の姿は、分子量200,000程度の高分子を示しています。
高分子フコイダンは、唾液や胃液による分解を避け小腸の腸壁を刺激し、高い免疫賦活性作用を有します。
その反面吸収性には優れておらず、「アポトーシス誘導」や「血管新生抑制」など直接的な作用には不向きとされてきました。

一方の低分子・超低分子フコイダンと呼ばれるものは、フコイダン本来の分子を小さく加工するため、高分子フコイダンに 比べ吸収には優位に働くものの、作用の力価が弱まることが指摘されてきました。

7

フコイダンはこれまでも高分子や低分子・超低分子など様々な分子で抽出されてきましたが、 それぞれに一長一短がありフコイダンの持つ補完医療としての可能性を余すことなく発揮することはできませんでした。

そこでこの問題を解決すべく独自の製法で抽出に成功したのが、
全ての分子特性を兼ね備えたフコイダン成分「p53誘導体 全分子フコイダン」です。

p53誘導体 全分子フコイダンには、独自の製法により通常よりさらに分子サイズの大きい「分子量300,000」の高分子フコイダンを含有しています。

8


【p53誘導体 全分子フコイダンの作用】

  • がん細胞正常形態復帰
9


  • アポトーシス誘導作用
10


  • 血管新生抑制作用
11


  • 異物抗原提示増強作用
12


  • 免疫賦活性作用
13


【抗がん剤副作用軽減と相乗効果】
抗がん剤はがん細胞を攻撃するだけでなく、無差別に正常細胞をも攻撃するため、副作用をきたし嘔吐や衰弱により重篤な環境に陥ることも稀ではありません。
フコイダンにはこれら副作用を緩和するという報告が、頻繁に各研究機関や医師よりなされており、2007年日本癌学会の高橋延昭所長による報告で、初めてメカニズムが科学的に明らかになりました。

海藻は本来、外部からの攻撃から守るための防御能力を備えています。
ミネラル環境を整えられたフコイダンはこの防御能力により、抗がん剤の正常細胞への攻撃を軽減、逆にがん細胞への攻撃を加算的に増大させます。


全分子フコイダンの成分
【500】もずく乳酸発酵エキス、梅果汁、乳糖果糖オリゴ糖、ブドウ糖、ヒバマタ海藻抽出物、フコキサンチン ゲル化剤(ペクチン)
【1000】もずく乳酸発酵エキス、梅果汁、乳糖果糖オリゴ糖、ブドウ糖、ヒバマタ海藻抽出物、フコキサンチン ゲル化剤(ペクチン)
【2000】もずく乳酸発酵エキス、ブドウ糖、梅果汁、ヒバマタ海藻抽出物、フコキサンチン

全分子フコイダンの摂取方法
そのまま、もしくは白湯などと一緒にお召し上がりください。



【全分子フコイダンエキスは、がんの進行状態によって3つのタイプがございます】
●今すぐ必要な方に最高濃度の【全分子フコイダンエキス 2000】
学会発表成分DBグルコース2000mgを含むp53誘導体が最も高濃度に配合されています。

●未来へ希望をつなぐスタンダードタイプの【全分子フコイダンエキス 1000】
学会発表成分DBグルコース1000mgを含むp53誘導体が高濃度に配合されています。

●経過観察などに併用していただき5年後の健やか目指す【全分子フコイダンエキス 500】
体調が落ち着かれた方に継続していただくことで5年後の健やか目指す全分子フコイダンエキスです。
学会発表成分DBグルコース500mgを含むp53誘導体が高濃度に配合されています。


定期コースは通常価格10%OFFでご購入頂けます。
14


このページのtopに戻る

全分子フコイダンエキスの利用者の体験談


15

CT 画像(1)胃カメラ(2)は、上記の診断をされた時の画像になります。 赤い円で囲った部分が肝臓転移になります。胃カメラでは、かなり大きな“かたまり”の存在がわかるかと思います。

突然、末期ガンと宣告され、最初は頭が真っ白になり何も考えることができずにいました。家族や職場の同僚の励ましで少し落ち着き、さまざまな情報をもとに完治できる方法がないか考えました。

16

まず着目したのは、食事療法で肉を断ち野菜中心の食事に変更し、塩分は控え、水もアルカリ水にするなどの事から始めました。
また、五大栄養素(高植物 性たんぱく質・ビタミン・ミネラル等)を摂取し免疫力や抵抗力を常に高めておく事も重要だと知り栄養補助食品も摂るようにしました。

ただ自分の中で、食事の改善と化学療法だけでは、現在の病気の状況 (末期ガン)からして進行を抑えるだけで、治癒する可能性がかなり低いと思い化学療法と併用してガンと戦う覚悟や根拠になるような何かがないか必死で探している時に、妹の情報で“フコイダン”のことを知りネットで調べた結果、“これだ”と思いました。

すぐに頼んで試飲してみたらとても飲みやすく続けられそうだったので1日3パックで6ヶ月間飲んでみました。

17

検査の結果、ほとんどガンがなくなっていました。驚異的な効果に驚きました。

その後、1日2パックに変更して3ヶ月間続けました。
化学療法は、今年の1月に第7クールを終了したところで休薬にしています。

その時の検査が CT 画像(3)、胃カメラの画像(4)になります。
診断結果については、CT 画像上の肝臓転移・リンパ節転移の異常陰影はすべて消失しており胃カメラの検査からも悪性の細胞は検出されませんでした。

4月より1日1パックに変更し経過観察中です。

以上の結果より化学療法と“フコイダン”の併用治療は、末期ガンにも、かなり効果があることがわかりました。
フコイダンには、いろいろな面で サポートしてもらいとても感謝しています。


【全分子フコイダンエキスは、がんの進行状態によって3つのタイプがございます】
●今すぐ必要な方に最高濃度の【全分子フコイダンエキス 2000】
学会発表成分DBグルコース2000mgを含むp53誘導体が最も高濃度に配合されています。

●未来へ希望をつなぐスタンダードタイプの【全分子フコイダンエキス 1000】
学会発表成分DBグルコース1000mgを含むp53誘導体が高濃度に配合されています。

●経過観察などに併用していただき5年後の健やか目指す【全分子フコイダンエキス 500】
体調が落ち着かれた方に継続していただくことで5年後の健やか目指す全分子フコイダンエキスです。
学会発表成分DBグルコース500mgを含むp53誘導体が高濃度に配合されています。


定期コースは通常価格10%OFFでご購入頂けます。
14


全分子フコイダンエキス がん細胞抑制成分配合 驚きの販売サイトへ

このページでは、サイトの訪問者の方々が、安い価格、料金で 通販や申込みができるように、楽天などのお店の販売店を調べ 、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、 お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイ ントは?値引きは?返金、返品保証、保障は?などの情報を 紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CM などを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用 方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、 評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メ リット、 デメリットなど、ケースによっては、人気ランキング形式など で比較していきます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、 在庫あり、即納、正規、正規品かどうかYouTube、動画、NAVER まとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していき ます。

色々なカラーを試したい